オラクル化粧品情報

オラクル化粧品のベストな正しい使い方は手とコットンのどっち?!

更新日:

オラクル化粧品のベストな正しい使い方は手とコットンのどっち?!

美肌芸能人、有名人の間で人気沸騰中のオラクル化粧品をご存知ですか?
割と高額な化粧品なのですが、誰でも試しやすいトライアルセット(1600円+税)も売られていて、巷でもその人気はふつふつと上昇中なんです。

今日は、そんなオラクル化粧品をみんながどうやって使っているのか、また効果的な使い方やコットン活用法などをご紹介していきたいと思います!

手とコットンどちらが正しい?

化粧水のつけ方は、手を使うかコットンを使うかで意見が半々に分かれます。

化粧水を手でつけると、費用がかからず手のひらの体温で美容成分を角質層の奥までしっかり届きやすいというメリットがあります。
しかし、手のひらに汚れや雑菌がついていると肌トラブルの原因になったり、小鼻の脇やあご、目元などの細かいパーツにムラが出てしまう場合もあります。

一方で、コットンを使って化粧水をつけると、均等にムラなく塗ることができて、体温が伝わらないため毛穴がきゅっと引き締まるとも言われています。

化粧水を手でつけるよりもコットンを使った方が肌の潤いが持続するとも言われているため、均等に潤いに満ちた肌になりたい時はコットンを使うことをおすすめします。

コットンはムラなく均等に化粧水をつけることができたり、コットンにたっぷり化粧水を含ませるとパックになったりと良いこと尽くしですが、コットンの使い方を間違えると、デリケートな肌に摩擦や刺激が加わり傷ついてしまう可能性があるため注意が必要です。

より美肌に近づくためにも、コットンを正しく使ってスキンケアをしていきましょう。

コットンの種類

コットンには、様々な種類のものがありますが、皆さんはどんなものを使われていますか?
まずは、大事な選び方ですが、大量に入って安価なものや、繊維が荒くてすぐ毛羽立ちやすいものは避けた方が良いです。

肌は薄くてデリケートなので、繊維が細かくてシルクのような柔らかい肌触り、そして毛羽立ちにくいコットンを選ぶことをおすすめします。

ここでは、コットンの種類を簡単にご紹介します。

カットタイプ

ふわふわのコットンシートをカットした、以前からよく売られている最もオーソドックスなタイプのコットンです。

貼り合わせて固くなった部分が無いので、肌への負担もなく肌触りも抜群です。

オーガニックコットンを使ったものなど、とにかく肌への負担が少ないのが自慢です。

裂くことができるので、化粧水をたっぷり含ませて自家製パックをすることもできます。
様々なサイズが売られているので、自分好みのサイズを選べます。

毛羽立ちやすいので、強くこするのは避けましょう。

サイドシールタイプ

サイドシールタイプは、四角いコットンの両側をエンボスシールで貼り合わせてあるタイプです。

ふわふわの中綿を、毛羽立ちを抑えた特殊加工の施された不織布でサンドしてあるので、肌触りの良さと毛羽立ちの少なさが売りです。

パッティングだけでなくクレンジングや口紅・マニキュア落としにも使えます。

貼り合わせていない部分から裂いて、コットンパックをするのにも使えます。

あまり強くこするとよれてしまうのが玉に瑕ですね。

ラウンドタイプ

コットンというと薄い綿が何重にも重なっていて裂くこともできるものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ところがこのラウンドタイプは、毛羽立ちを抑える特殊加工を施した不織布で中綿を完全に包み込んであるのが特徴です。

パッティングしているうちに中綿が飛び出てきてしまい、繊維が肌について負担になってしまうことを防げます。

型崩れもしませんし、毛羽立たないことからパッティング、ふき取り、ネイル落としなどに向いています。

2wayタイプ

サイドシールタイプのコットンの片方の面だけをメッシュの不織布にしたタイプのコットンです。

ふわふわな面とメッシュでさっぱりした面との2通りがあり、ふわふわで肌触りの優しい面で化粧水のパッティング、メッシュの面でふき取りクレンジングなど使い分けることができます。

1枚で2通りの使い方ができるので、クレンジングや化粧水のパッティング、パックなど様々な用途でオールラウンドにコットンを使いたい人に向いています。

セパレートタイプ

ごく薄いコットンを貼り合わせ、何層かの層になっているタイプのコットンです。

見た目や使い心地はカットタイプと似ていますが、何といっても裂きやすいのが特徴です。

コットンとコットンの間に空気をたっぷり含んでいるので肌触り抜群で、化粧水をよく吸います。

厚いままだと難しいコットンパックも、裂いたコットンに化粧水をたっぷり含ませれば肌にしっかり貼り付けることができます。

やや毛羽立ちやすいので、優しくパッティングしましょう。

ロールタイプ

毛羽立ちを抑える特殊加工を施した、カットタイプ同様の素材のコットンです。

カットタイプと違うのは、一定の大きさにカットされていないこと。

長いままロール状に巻かれているので、使う際に自分でカットするのが特徴です。

使いたい大きさ、使いたい形にカットできるので、使い勝手抜群です。

パッティングやローションパックはもちろん、フィットする形にカットして、目元のケアやデコルテのケアなどあらゆる場所に使える便利なタイプです。

コットンパックの仕方

コットンパックとは、その名の通り、コットンで行うパックですが、日頃されている方も多いのではないでしょうか?

しかし、これで合っているの?どれぐらいすればいいの?

など、基本を知らない人が意外にも多いので、ここでは基本のコットンパックの方法をご紹介します。

ちなみにパックの前に蒸しタオルを顔に乗せるなど、ベターな方法はいくらでもありますが、ここでは、基本のみをご紹介します。

まず、コットンパックをするための準備物ですが、コットン、水、化粧水、しっかり洗顔を済ませた顔の4つだけです。

まずは、コップなどに水を入れ、繊維の毛羽立ちを抑えるためにコットンをくぐらせ、ヒタヒタになるまで湿らせます。

片方の手のひらにコットンをのせ、もう片方の手で抑えて、水分を軽く絞りましょう。

軽く水分を絞ったコットンを広げたら、今度は化粧水をヒタヒタになるくらいしっかりと含ませます。

化粧水を含ませたコットンを2~5枚に薄く剥がすように裂き、額、両頬、鼻、あごなどに貼り付け、10分置きます。

10分経ったらパックをゆっくりはがして終わりです。

そう、コットンパックってこんなに簡単なんです。

この基本のやり方に蒸しタオルや事前にお肌を整えるなどをプラスアルファすることでよりパックの効果が顕著に現れるのです。

オラクル化粧品でコットンパックをしてみた!

オラクル化粧品でコットンパック、、、何とも贅沢な時間ですよね。

しかし、良いものだからこそ、しっかり使わないと意味がないのです!

という事で、オラクル化粧品でのコットンパックを実践してみました。

まず、オラクル化粧品は、テクスチャーがサラサラなので、実はコットンパック向きな化粧水なんです。

しかも嬉しいことに鎮静効果や保湿成分がしっかりと含まれているので、化粧水を一度付けるだけよりもコットンパックで10分ほど置くことでその効果は倍増します!

オラクル化粧品でパックをする時もその行程は至って簡単です。

まずは、コットンを精製水などでひたひたにし、その上にオラクル化粧品500円玉大ぐらいを含ませます。

そして、コットンを4~5枚に割いて、まんべんなく顔に乗せ、10分ほど置きます。

終わったらコットンを外して、美容液・クリームの順に顔に付けて蓋をしたら終わりです。

先ほど、コットンパックの仕方で化粧水をつける前に水分を絞りましたが、オラクル化粧品は、パワーが強めなので、水分は含ませたまま、化粧水を付けましょう。

植物のパワーに負けてしまうと肌がかぶれたり赤みが出たりする恐れがありますので、自分で調整しましょうね。

これでオラクル化粧品のコットンパックが完了です。

簡単な上に化粧水を手で付けるよりもしっかりと潤いますので、本当におすすめです。

化粧水パックで美肌をゲット!

化粧水でのコットンパックについては、賛否両論と言いますが、意外と意見が分かれるのですが、オラクル化粧品ユーザーに絞った意見を見てみると、コットンパックが良いとする意見が多く見られます。

また、コットンパックは、夜だけでなく、朝の忙しい時間にも出来るという利点があります。

毛穴がきゅっと引き締まって、化粧崩れもしにくくなるし、小鼻がテカったりすることもないので、おすすめです。

みなさんも是非一日のスタートを引き締まったお肌で始めてみてはいかがでしょうか?

-オラクル化粧品情報

オラクル化粧品のベストな正しい使い方は手とコットンのどっち?!

Copyright© オラクル化粧品に流れる悪い口コミは本当!?効果と料金を調査してみた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.